2017年03月24日

☆『日本の植物から学ぶ手しごとの会〜acolabo cafe〜』

IMG_3613.JPG IMG_3598.JPG

不定期で開催していく予定のこちらの会。
講座でもなく、ワークショップでもなく、研究会でもない・・・

自分の住む日本に昔から存在する植物って、

 ・昔の人はどんなふうに生活に取り入れていたのだろう?
 ・昔の子供たちはどんな遊びに使っていたのだろう?
 ・自分の幼いころはどんな風に触れ合っていたかな?
 ・食べていたのかな?
 ・身に着けていたのかな?


いろいろと考えるとワクワクしてきます。

都会に住んでいると、
モノやビルや車など命の無いものに囲まれて、
逆に命を吸い取られてるような、
そんな錯覚を持ったりすることがあります。

「海や山や川や土や植物、命あるモノと触れ合いたい!!」

きっと昔からそこにある・いるモノに囲まれ触れ合いたいと想うことは、
地球に住む生物の一つでもある人間が無意識に求めているものではないのかな〜
思うのです。

でも、なかなか難しいですね・・・

すべてを叶えることは難しいかもしれませんが、
都会で少しでも、自然と触れ合い、先人の文化や習慣を感じられたら
きっと心が喜ぶのではないかな?と思いまして、
このような会を開くことにいたしました。

ご参加しやすいように、
今後の予定はご参加のみなさんと一緒に考えていきたいですし、
レジュメだ、発表だ、となると
やっぱり癒されませんので、

ゆるりとお茶を飲みおしゃべりしながら、
昔の人と同じように、
丁寧に手を動かす、
手しごと中心の内容となっております。


第一回は、

岡山県吉備市の
【クロモジ】と【ヤブニッケイ】です。


吉備の山に自生するクロモジの枝木とヤブニッケイの枝葉をちょっとだけ拝借しまして、
収穫ホヤホヤの瑞々しいフレッシュなものを直送していただきます。

IMG_3648.JPG IMG_3649.JPG

今回ご協力くださいましたM−LABOの永田真由美さんから、
クロモジとヤブニッケイの育つ岡山・吉備の森の様子(環境)や
地元での昔からの活用方法、永田さんや地元の方の吉備の森を生かす事業について
お話を伺ってお伝えできたらと思っています。

永田さんが商品開発されていらっしゃる【クロモジ枝木茶】
当日はお出しいたします。
蒸留するものと同じ吉備の森からやってきたクロモジ枝木茶の香り深くて優しいお味も
お楽しみくださいね。

さて、今回の手しごとは・・・

フレッシュのクロモジとヤブニッケイを手やハサミを使い、
香りや枝葉の感触を楽しみながら
細かくしまして、
アランビックで蒸留しようと思います。

IMG_3650.JPG IMG_3729.JPG

蒸留後もとっても優しくて柔らかい香りが残るんです。
お持ち帰りいただいて、
ご活用する方法などもご紹介しますが、
一緒に考えてみませんか?

それでは、
お仲間となってくださる方へのご案内です。
お子様のご参加も検討したいと思います。

ハサミや火を使いますが、
それ以上に素敵な体験ができると思いますよ。


まだ第一回も開催しておりませんが、
次回開催(7月)のお話しも進めております。

次回は『ベニバナの手しごと』の予定です。
紅花染で服飾雑貨を作られている工房さまにご協力いただきまして、
江戸時代から続く紅花染について触れてまいります。
大変貴重なベニバナを使った手しごとを考えております。


≪開催日時≫

2017年4月23日(日)
 10:00〜13:00 『クロモジの手しごと』
 14:30〜17:30 『ヤブニッケイの手しごと』

※植物が変わるため、お昼休みにはアランビックのお手入れもいたします。
 ご覧になりたい方は、どうぞご一緒ください。


≪開催場所≫

キュアルーム(西武新宿線下落合駅より徒歩3分)
http://8hz.jp/cureroom.html


≪参加費≫

お一人様 2,500円(税込、お茶付き)

※お子さまが付き添われてのご参加の場合は、3,000円
※継続でご参加の場合のお得なサービスを検討中。


≪材料費≫

『クロモジの手しごと』    お一人様 3,000円(蒸留水約100ml、残渣お持ち帰り)
『ヤブニッケイの手しごと』  お一人様 3,000円(蒸留水約100ml、残渣お持ち帰り)

※開催内容によってその都度金額が変わります。


≪ご協力≫

M−LABO 永田 真由美様
https://m-labo2016.jimdo.com/

≪植物手しごと案内人≫

広瀬 亜希子(acolabo)

(株)はちへるつ工房アンデリーズスタッフ
AEAJアロマテラピーインストラクター
JAMHAハーバルセラピスト








続きを読む
posted by アンデリーズ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント